今回のTOEICテストの結果にはびっくりしました。

なにせ、結果通知の封をあけたら、600点台が目に飛び込んできたのですから!

 

a1180_008293

 

 

今年の初めに来年の3月には、860点をとるということで、

目標をたて励んできたわけですが、

正直半年でここまでいくとは思いませんでした。

 

実際のところを暴露すると、3月受験したあと、2ヶ月の中だるみ期間。

8月9月と仕事が忙しくなり、1日20分程度の時間を確保するのがやっとの

時期がつづきました。

 

そんな状態の中、結果をあげることができたのは、

やはり勉強法にこだわったことに尽きると思います。

 

そもそも、高得点をとる勉強法ということで

ブログもはじめたわけで、このままでは終われないのですが、

とりあえず、この半年を振り返りかえって見たいと思います。

 

音読パッケージ中心の勉強(2月~7月)

これは、大学受験まではそこそこやっていたのに、

英語がまったく聞き取れなかったり、

話せなかったりする方には、絶対お薦めの勉強法です。

 

音読パッケージの教材は、中身はなんと、

中学校1年生のものから始まるのですが、

自分がいかに、聞けないし、話せないかを痛感するものと思います。

 

この本には、音読パッケージで、600点くらいはいけると

あったのですが、はからずも、今回そのことを実感できることとなりました。